MIRAIの・・・。

政府が相続税対策強化で調整・・・

一段と寒くなってまいりました。街もイルミネーションやクリスマスツリーが多くなってきましたね。

さて、今日は皆様にとって寒いニュースが飛び込んでまいりました。

2018年度の税制改正で、不動産貸付業や駐車場暁など貸付事業用の宅地を相続する場合に認めている減税特例の要件を厳格化する方向で調整に入ったと言うニュースです。 また、居住用宅地の減税特例も見直されるもようです。

またも、相続税が増税の方向に向かって行くのでしょうか…。

いずれも、2018年4月以降の相続に適用を目指すとの事なので、詳細は近々に明らかになってくることでしょう。

注目しておかなければ…。

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 別の対策として…。
  2. 相続した不動産の売却相談
  3. 40年ぶり…。
  4. 税務署職員が注意深く調べるのは…。
  5. 成年後見制度に新たな動き

関連記事

  1. 相続税の知識

    土地の資産価値は何年でなくなるか?

    どんなケース?土地は持っているだけでは全くお金を生みません。そ…

  2. MIRAIの・・・。

    別の対策として…。

    不動産に関する相続の相談が中心のホームページなのですが、ちょっと一息。…

  3. 相続税の知識

    分割による減額(正面のみ)

    進入路付の分割にすることで相続財産の評価額を減らすことができます青…

  4. 相続税の知識

    二次相続まで見据えた最適分配比率は?

    どんなケース?資産家の父が亡くなり、財産を引き継いだ母も数年後に他…

  5. MIRAIの・・・。

    成年後見制度に新たな動き

    久しぶりの更新となってしまいました・・・。以前に成年後見制度に…

  6. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度

    寒さもまし、何かと気忙しい年末です。さて、来る平成30年1月1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    生前贈与効果(アパート編)
  2. MIRAIの・・・。

    利回りより大切な数字…。
  3. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。
  4. 相続税の知識

    相続税評価額の減額効果(収益物件購入)
  5. MIRAIの・・・。

    目的と手段
PAGE TOP