MIRAIの・・・。

政府が相続税対策強化で調整・・・

一段と寒くなってまいりました。街もイルミネーションやクリスマスツリーが多くなってきましたね。

さて、今日は皆様にとって寒いニュースが飛び込んでまいりました。

2018年度の税制改正で、不動産貸付業や駐車場暁など貸付事業用の宅地を相続する場合に認めている減税特例の要件を厳格化する方向で調整に入ったと言うニュースです。 また、居住用宅地の減税特例も見直されるもようです。

またも、相続税が増税の方向に向かって行くのでしょうか…。

いずれも、2018年4月以降の相続に適用を目指すとの事なので、詳細は近々に明らかになってくることでしょう。

注目しておかなければ…。

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 相続した不動産の売却相談
  2. 建物解体に助成金?
  3. 成年後見制度に新たな動き
  4. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
  5. 40年ぶり…。

関連記事

  1. 相続税の知識

    分割による減額(角地)

    分割方法を工夫することで相続財産の評価額を減らすことができます青空…

  2. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。

    相続制度が大きくかわるかもしれません。国会に提出された民法の改…

  3. 相続税の知識

    賃貸経営、建築費はいくらまでに抑える?

    どんなケース?賃貸住宅経営をはじめるにあたっては目標を設定しましょ…

  4. 相続税の知識

    相続した土地、どれを売るのがベストか

    どんなケース?相続税を払って相続した土地を、相続の日から3年10ヶ…

  5. MIRAIの・・・。

    絶好のチャンス!!

    そろそろ梅雨明けも近くなってきました。 連日、蒸し暑く寝苦しい毎日が続…

  6. 相続税の知識

    二次相続まで見据えた最適分配比率は?

    どんなケース?資産家の父が亡くなり、財産を引き継いだ母も数年後に他…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    賃貸経営、建築費はいくらまでに抑える?
  2. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度
  3. MIRAIの・・・。

    空家管理
  4. 相続税の知識

    相続税評価額の減額効果(収益物件購入)
  5. MIRAIの・・・。

    相続対策のイメージは?
PAGE TOP