MIRAIの・・・。

政府が相続税対策強化で調整・・・

一段と寒くなってまいりました。街もイルミネーションやクリスマスツリーが多くなってきましたね。

さて、今日は皆様にとって寒いニュースが飛び込んでまいりました。

2018年度の税制改正で、不動産貸付業や駐車場暁など貸付事業用の宅地を相続する場合に認めている減税特例の要件を厳格化する方向で調整に入ったと言うニュースです。 また、居住用宅地の減税特例も見直されるもようです。

またも、相続税が増税の方向に向かって行くのでしょうか…。

いずれも、2018年4月以降の相続に適用を目指すとの事なので、詳細は近々に明らかになってくることでしょう。

注目しておかなければ…。

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
  2. 成年後見制度に新たな動き
  3. 別の対策として…。
  4. 税務署職員が注意深く調べるのは…。
  5. 建物解体に助成金?

関連記事

  1. 相続税の知識

    保有する住宅、今売るVSしばらく貸す

    どんなケース?新しい住宅を買ったり、転勤のために引っ越すことになっ…

  2. 相続税の知識

    建物所有者は誰にするか?

    どんなケース?遊休地にアパートを建てる場合、その建物名義が誰になる…

  3. MIRAIの・・・。

    事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!

    久しぶりの更新となってしまいました。 実は弊社事務所の移転に伴いなかな…

  4. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。②

    前回の詳細を2項目について今回お話したいと思います。①不動産登…

  5. 相続税の知識

    生前贈与効果(生命保険編)

    子への生前贈与と、親を被保険者とする生命保険の組み合わせで納税資金&節…

  6. MIRAIの・・・。

    利回りより大切な数字…。

    通年なら秋も深まりつつあるこの時期ですが、まだ昼間の気温が高い日があり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    相続VS贈与
  2. 相続税の知識

    相続した土地、どれを売るのがベストか
  3. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度
  4. MIRAIの・・・。

    お盆の休暇
  5. 相続税の知識

    税務署職員が注意深く調べるのは…。
PAGE TOP