MIRAIの・・・。

成年後見制度

ここ2週に渡って台風が連続で襲来しております。被害を最小限に抑えるべく用心を…。

さて、皆様は親が認知症になってしまった時に、その後の財産や不動産の管理はどうすればいいのでしょうか?

親が認知症になってしまった場合、日常の生活費の管理、預金の解約、重要な契約行為等は出来なくなってしまうのです。勿論、不動産の売却や、相続税対策の為の契約行為も出来なくなってしまいます。

そこで成年後見制度を皆様はご存知でしょうか?

成年後見制度とは、「認知症などで判断能力が不十分になってしまった方の生活や療養看護を支援し、その方の財産を守るための制度です。」

成年後見制度は、裁判所への申し立てが必要です。後見がスタートするまでに1~2ヶ月程の期間が必要になります。また裁判所の判断により、最終的に司法書士や弁護士が選されることもあり必ず子が親の後見人になれると限らないのです。また、一度後見制度がスタートするとご本人が亡くなるまで中止をすることは出来ないのです。後見人は年に1回裁判所への報告義務があるなど、制約や負担が大きいのです。ただし、しっかり財産の管理ができるのが最大のメリットです。

親が元気なうちに不動産相続について家族会議ができるのがベストですが、子から親に相続について話を持ち掛けにくいものです。これをご覧いただいている親世代の方には、ぜひご自身が元気なうちに、自ら子に家族会議の場を開こうと持ち掛けてみてはいかがでしょうか…。

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 税務署職員が注意深く調べるのは…。
  2. 40年ぶり…。
  3. 別の対策として…。
  4. 相続した不動産の売却相談
  5. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!

関連記事

  1. 相続税の知識

    年金積立と収益不動産購入比較

    どんなケース?将来的な年金不安が進む中、私的年金作りとして1棟売り…

  2. 相続税の知識

    生前贈与効果(生命保険編)

    子への生前贈与と、親を被保険者とする生命保険の組み合わせで納税資金&節…

  3. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度

    寒さもまし、何かと気忙しい年末です。さて、来る平成30年1月1…

  4. 相続税の知識

    二次相続まで見据えた最適分配比率は?

    どんなケース?資産家の父が亡くなり、財産を引き継いだ母も数年後に他…

  5. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」

    どんなケース?相続対策として、生命保険はその活用次第で大きな効果が…

  6. 相続税の知識

    相続VS贈与

    どんなケース?平成27年1月1日より相続税が増税になりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    利回りより大切な数字…。
  2. 相続税の知識

    暦年課税VS相続時精算課税
  3. 相続税の知識

    分割による減額(角地)
  4. 相続税の知識

    生前贈与効果(現金編)
  5. 相続税の知識

    賃貸経営、建築費はいくらまでに抑える?
PAGE TOP