相続税の知識

税務署職員が注意深く調べるのは…。

相続税の申告書は、被相続人(故人)の死亡翌日から10ヶ月以内に税務署に提出をしなければなりません。その申告書の中で特に注意深く調査するのは 預貯金 だと言われております。

その中で指摘されやすのは、『名義預金』だそうです。

生前贈与で子供や孫の口座にお金を振り込んでいても、実質的に通帳や印鑑を故人が管理していた場合は、“相続税回避の名義口座”とみなされるそうです。

故人が子供や孫のためにコツコツと積み立てていても、税務署職員の方がみれば相続税逃れになりかねないのです。

故人の死亡後に判明した預貯金は、少額であっても記入をしておく方が印象がいいでしょう。

 

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 別の対策として…。
  2. 40年ぶり…。
  3. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
  4. 相続した不動産の売却相談
  5. 税務署職員が注意深く調べるのは…。

関連記事

  1. 相続税の知識

    相続発生後いつ土地を売ればよいか

    どんなケース?相続税を払って相続した土地を、相続の日から3年10ヶ…

  2. 相続税の知識

    生前贈与効果(アパート編)

    生前にアパート建物を子に贈与すると、所得分散と相続財産の評価減が可能に…

  3. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。

    相続制度が大きくかわるかもしれません。国会に提出された民法の改…

  4. 相続税の知識

    相続した土地、どれを売るのがベストか

    どんなケース?相続税を払って相続した土地を、相続の日から3年10ヶ…

  5. 相続税の知識

    分割による減額(正面のみ)

    進入路付の分割にすることで相続財産の評価額を減らすことができます青…

  6. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。②

    前回の詳細を2項目について今回お話したいと思います。①不動産登…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    成年後見制度
  2. MIRAIの・・・。

    成年後見制度に新たな動き
  3. MIRAIの・・・。

    別の対策として…。
  4. 相続税の知識

    相続税評価額の減額効果(収益物件購入)
  5. 相続税の知識

    用途別固定資産税の比較
PAGE TOP