2017年 5月

  1. 相続税の知識

    建物所有者は誰にするか?

    どんなケース?遊休地にアパートを建てる場合、その建物名義が誰になるかで相続税および所得税に対する効果に大きな違いが出てきます。例えば、土地所有者をAさん…

  2. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」

    どんなケース?相続対策として、生命保険はその活用次第で大きな効果が期待できます。ここでは、相続財産を多く所有している父親が子へ現金を贈与し、子がそれをも…

  3. 相続税の知識

    保有する住宅、今売るVSしばらく貸す

    どんなケース?新しい住宅を買ったり、転勤のために引っ越すことになった場合など、今保有している住宅を売るか、それともしばらく貸しておくか迷いますよね。今す…

  4. 相続税の知識

    相続した土地、どれを売るのがベストか

    どんなケース?相続税を払って相続した土地を、相続の日から3年10ヶ月以内に売ると売却益に対する税金がタダまたは安くなるという特例があります。では、相続し…

  5. 相続税の知識

    相続発生後いつ土地を売ればよいか

    どんなケース?相続税を払って相続した土地を、相続の日から3年10ヶ月以内に売ると売却益に対する税金がタダまたは安くなるという特例があります。では、相続し…

  6. 相続税の知識

    土地の資産価値は何年でなくなるか?

    どんなケース?土地は持っているだけでは全くお金を生みません。それどころか毎年「固定資産税」と「都市計画税」が課税されてきます。つまり、持っているだけ…

  7. 相続税の知識

    相続税評価額の減額効果(収益物件購入)

    生前にアパートなどの収益物件を購入すると、相続財産の評価額を減らすことができます対策前と対策後の相続税評価額…

  8. 相続税の知識

    年金積立と収益不動産購入比較

    どんなケース?将来的な年金不安が進む中、私的年金作りとして1棟売りマンションを購入したり、自分や親の土地に戸建賃貸住宅やアパートを建てる人が増えています。…

  9. 相続税の知識

    賃貸経営、建築費はいくらまでに抑える?

    どんなケース?賃貸住宅経営をはじめるにあたっては目標を設定しましょう。ここでは「毎月の手取り金額」を目標にします。目標とする金額を毎月受け取るために…

  10. 相続税の知識

    分割による減額(正面のみ)

    進入路付の分割にすることで相続財産の評価額を減らすことができます青空駐車場(普通住宅地区)のケース対策前と対策後の相続税評価額&…

最近の記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    相続VS贈与
  2. MIRAIの・・・。

    相続した不動産の売却相談
  3. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」
  4. MIRAIの・・・。

    目的と手段
  5. MIRAIの・・・。

    別の対策として…。
PAGE TOP