MIRAIの・・・。

成年後見制度に新たな動き

久しぶりの更新となってしまいました・・・。

以前に成年後見制度について掲載させて頂きましたが、新たな動きの情報が入ってまいりました。

以前に掲載させていただきました成年後見制度の後見人には専門職の弁護士や、司法書士の選任が多いと記述させていただきました。これは各家庭裁判所が、親族らの不正を防ぐ観点を重視し専門職の選任を増やしてきたのですが、この成年後見制度を利用率が低迷していた為、国は利用促進の計画を策定して見直しを始めました。実際に利用する親族らがメリットを実感できる仕組みに変える一環として、最高裁判所が具体的な考え方を表明し、各家庭裁判所に通知しました。

最高裁判所の基本的考えは、後見人にふさわしい親族や身近な支援者が存在する場合は、本人の利益保護の観点から親族や身近な支援者を専任する事が望ましい。また、後見人の交代についても現状の不祥事など限定的な理由を改め、利用する親族の状況の変化に応じて、交代や追加の選任を行っていく方向の様です。

成年後見制度について過去にご検討された方々の中には、不便さを理由に諦められた方いらっしゃるのではないでしょうか?

過去にご検討された方々や、今、ご検討の方々のご参考になれば幸いです。

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 税務署職員が注意深く調べるのは…。
  2. 空家管理
  3. 40年ぶり…。
  4. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
  5. 別の対策として…。

関連記事

  1. MIRAIの・・・。

    空家管理

    久しぶりの更新となってしまいました。今、世間はコロナウイルス感…

  2. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度

    寒さもまし、何かと気忙しい年末です。さて、来る平成30年1月1…

  3. MIRAIの・・・。

    大雨…。

    久しぶりの更新です。 姫路エリアも大雨で、川の水位が高くなってきていま…

  4. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。

    相続制度が大きくかわるかもしれません。国会に提出された民法の改…

  5. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。③

    前回の残り3項目についてお話ししたいと思います。③ 相続の不公…

  6. MIRAIの・・・。

    空き家問題

    日本の持ち家率は高く、総務省の2013年の統計調査では61.7%、65…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    相続発生後いつ土地を売ればよいか
  2. 相続税の知識

    相続税評価額の減額効果(収益物件購入)
  3. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。
  4. MIRAIの・・・。

    相続財産と固有財産
  5. 相続税の知識

    生前贈与効果(生命保険編)
PAGE TOP