相続税の知識

相続VS贈与

どんなケース?

平成27年1月1日より相続税が増税になりました。
反対に、世代間の財産の早期移転を図るため、子や孫へ贈与については贈与税の大幅な軽減が図られるようになりました。
では、何もしない場合と、子や孫に生前贈与した後に相続が発生した場合とでは最終的に支払う税金(相続税・贈与税)の総額はどちらが少なくて済むでしょうか?

相続財産の総額は?・・・30000万円
配偶者は?・・・あり
子供は?・・・3人
通常の暦年課税は・・・
058_01 相続VS贈与
贈与の特例を使う・・・
058_01 相続VS贈与

対策前後の税額比較

058_01 相続VS贈与

数字が小さいほうが有利です
生前贈与による対策効果は751万円になります。
※相続税額は法定相続分で計算しています。
※贈与税は一般税率で計算しています。
※贈与により親・祖父母の財産が減りすぎて生活に支障をきたすようでは本末転倒になりますのでご注意ください。

 

※本結果はあくまで参考情報です。個別・具体的な税務相談は必ず税理士の先生にご相談下さい。
Copyright (C) HyAS & Co. Inc.

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 大雨…。
  2. 成年後見制度に新たな動き
  3. 別の対策として…。
  4. 40年ぶり…。
  5. 相続した不動産の売却相談

関連記事

  1. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。

    相続制度が大きくかわるかもしれません。国会に提出された民法の改…

  2. 相続税の知識

    土地の資産価値は何年でなくなるか?

    どんなケース?土地は持っているだけでは全くお金を生みません。そ…

  3. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度

    寒さもまし、何かと気忙しい年末です。さて、来る平成30年1月1…

  4. MIRAIの・・・。

    成年後見制度

    ここ2週に渡って台風が連続で襲来しております。被害を最小限に抑えるべく…

  5. 相続税の知識

    生前贈与効果(アパート編)

    生前にアパート建物を子に贈与すると、所得分散と相続財産の評価減が可能に…

  6. 相続税の知識

    用途別固定資産税の比較

    どんなケース?土地の固定資産税や都市計画税は、その土地が何に使われ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    土地の資産価値は何年でなくなるか?
  2. 相続税の知識

    生前贈与効果(生命保険編)
  3. MIRAIの・・・。

    大雨…。
  4. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」
  5. MIRAIの・・・。

    お盆の休暇
PAGE TOP