MIRAIの・・・。

目的と手段

皆様のところも、そろそろ田植えも終わりホッとしておられる時期でしょう。

秋に稲刈りが終わると、その土地に賃貸住宅の建築をお考えの方もおられるかもしれないですね。

多くの地主さまは、賃貸住宅を建築する事で相続税を減顎することを目的とされている事でしょう…。

「相続税の減額」が目的で、「賃貸住宅の建築」は手段。あくまで手段のひとつに過ぎません。

さて、あなた様の相談相手は目的(相続税の減額)の専門家ですか?

それとも、手段(賃貸住宅の建築)の専門家ですか?

賃貸住宅の建築だけが対策ではありません。

所有者の方とご家族の想いや、その土地にあったご提案であれば決して賃貸住宅の建築は対策として悪い物ではありません。賃料保証があるから…と安心することなくご自身の目的(相続税の減額)の専門家に一度ご相談される事が最大の安心につながるのではないでしょうか…。

 

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 贈与非課税の特例が延長
  2. 建物解体に助成金?
  3. 空家管理
  4. 40年ぶり…。
  5. 成年後見制度に新たな動き

関連記事

  1. MIRAIの・・・。

    成年後見制度に新たな動き

    久しぶりの更新となってしまいました・・・。以前に成年後見制度に…

  2. MIRAIの・・・。

    絶好のチャンス!!

    そろそろ梅雨明けも近くなってきました。 連日、蒸し暑く寝苦しい毎日が続…

  3. MIRAIの・・・。

    別の対策として…。

    不動産に関する相続の相談が中心のホームページなのですが、ちょっと一息。…

  4. MIRAIの・・・。

    相続財産と固有財産

    相続が発生した時点で、相続財産は遺言がなければ法定相続人の共有財産とな…

  5. MIRAIの・・・。

    お盆の休暇

    今週末よりお盆休みの方も多いのでしょう…。先日も投稿させていた…

  6. MIRAIの・・・。

    空き家問題

    日本の持ち家率は高く、総務省の2013年の統計調査では61.7%、65…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    相続財産と固有財産
  2. MIRAIの・・・。

    成年後見制度
  3. 相続税の知識

    保有する住宅、今売るVSしばらく貸す
  4. 相続税の知識

    建物解体に助成金?
  5. MIRAIの・・・。

    成年後見制度に新たな動き
PAGE TOP