MIRAIの・・・。

40年ぶり…。

相続制度が大きくかわるかもしれません。

国会に提出された民法の改正要綱案のポイントとしては、

①不動産登記の義務化  ②自筆証書遺言でのトラブルの防止策  ③相続の不公平感の是正  ④高齢化社会の急進展の対策  ⑤金融機関の仮払い制度の創設    の5項目です。

成立すれば1980年に配偶者の法定相続分が1/3から1/2に吹き上げられて以来の約40年ぶりの改正となります。

それぞれの詳しい内容は次回に…。

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 成年後見制度に新たな動き
  2. 40年ぶり…。
  3. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
  4. 大雨…。
  5. 税務署職員が注意深く調べるのは…。

関連記事

  1. MIRAIの・・・。

    成年後見制度に新たな動き

    久しぶりの更新となってしまいました・・・。以前に成年後見制度に…

  2. 相続税の知識

    税務署職員が注意深く調べるのは…。

    相続税の申告書は、被相続人(故人)の死亡翌日から10ヶ月以内に税務署に…

  3. 相続税の知識

    分割による減額(角地)

    分割方法を工夫することで相続財産の評価額を減らすことができます青空…

  4. MIRAIの・・・。

    利回りより大切な数字…。

    通年なら秋も深まりつつあるこの時期ですが、まだ昼間の気温が高い日があり…

  5. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」

    どんなケース?相続対策として、生命保険はその活用次第で大きな効果が…

  6. 相続税の知識

    建物所有者は誰にするか?

    どんなケース?遊休地にアパートを建てる場合、その建物名義が誰になる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    別の対策として…。
  2. MIRAIの・・・。

    相続財産と固有財産
  3. MIRAIの・・・。

    成年後見制度に新たな動き
  4. 相続税の知識

    生前贈与効果(アパート編)
  5. 相続税の知識

    相続VS贈与
PAGE TOP