MIRAIの・・・。

40年ぶり…。

相続制度が大きくかわるかもしれません。

国会に提出された民法の改正要綱案のポイントとしては、

①不動産登記の義務化  ②自筆証書遺言でのトラブルの防止策  ③相続の不公平感の是正  ④高齢化社会の急進展の対策  ⑤金融機関の仮払い制度の創設    の5項目です。

成立すれば1980年に配偶者の法定相続分が1/3から1/2に吹き上げられて以来の約40年ぶりの改正となります。

それぞれの詳しい内容は次回に…。

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
  2. 税務署職員が注意深く調べるのは…。
  3. 贈与非課税の特例が延長
  4. 成年後見制度に新たな動き
  5. 空家管理

関連記事

  1. MIRAIの・・・。

    別の対策として…。

    不動産に関する相続の相談が中心のホームページなのですが、ちょっと一息。…

  2. MIRAIの・・・。

    相続財産と固有財産

    相続が発生した時点で、相続財産は遺言がなければ法定相続人の共有財産とな…

  3. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度

    寒さもまし、何かと気忙しい年末です。さて、来る平成30年1月1…

  4. 相続税の知識

    暦年課税VS相続時精算課税

    どんなケース?親が生前にその財産を子へ移す場合、その金額によっては…

  5. MIRAIの・・・。

    相続した不動産の売却相談

    梅雨入りも間近になり、暑さも日増しに強くなってきました。皆様、いかがお…

  6. 相続税の知識

    分割による減額(角地)

    分割方法を工夫することで相続財産の評価額を減らすことができます青空…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    相続税、払い過ぎてる事も…。
  2. 相続税の知識

    相続税評価額の減額効果(収益物件購入)
  3. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」
  4. MIRAIの・・・。

    空家管理
  5. 相続税の知識

    相続発生後いつ土地を売ればよいか
PAGE TOP