相続税の知識

用途別固定資産税の比較

どんなケース?

土地の固定資産税や都市計画税は、その土地が何に使われるかによって大きく変わってきます。
例えば、駐車場と賃貸住宅では最大で六倍もの開きになり、それが毎年続くことになります。
このように、土地活用にあたっては単に収入のみでの比較でなく、固定資産税・都市計画税という毎年の支出をどれだけ減らせるかも大切なポイントになってきます。

土地の面積は・・・450坪
路線価は・・・50万円/坪
賃貸の場合の戸数は・・・10戸

土地の用途ごとの毎年の固定資産税・都市計画税

007_01-1 用途別固定資産税の比較

 

※本結果はあくまで参考情報です。個別・具体的な税務相談は必ず税理士の先生にご相談下さい。
Copyright (C) HyAS & Co. Inc.

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 税務署職員が注意深く調べるのは…。
  2. 別の対策として…。
  3. 40年ぶり…。
  4. 大雨…。
  5. 相続した不動産の売却相談

関連記事

  1. 相続税の知識

    分割による減額(正面のみ)

    進入路付の分割にすることで相続財産の評価額を減らすことができます青…

  2. 相続税の知識

    生前贈与効果(アパート編)

    生前にアパート建物を子に贈与すると、所得分散と相続財産の評価減が可能に…

  3. 相続税の知識

    土地の資産価値は何年でなくなるか?

    どんなケース?土地は持っているだけでは全くお金を生みません。そ…

  4. 相続税の知識

    分割による減額(角地)

    分割方法を工夫することで相続財産の評価額を減らすことができます青空…

  5. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度

    寒さもまし、何かと気忙しい年末です。さて、来る平成30年1月1…

  6. 相続税の知識

    相続VS贈与

    どんなケース?平成27年1月1日より相続税が増税になりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    疑問に思う事…。
  2. MIRAIの・・・。

    大雨…。
  3. 相続税の知識

    相続VS贈与
  4. MIRAIの・・・。

    目的と手段
  5. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。②
PAGE TOP