相続税の知識

用途別固定資産税の比較

どんなケース?

土地の固定資産税や都市計画税は、その土地が何に使われるかによって大きく変わってきます。
例えば、駐車場と賃貸住宅では最大で六倍もの開きになり、それが毎年続くことになります。
このように、土地活用にあたっては単に収入のみでの比較でなく、固定資産税・都市計画税という毎年の支出をどれだけ減らせるかも大切なポイントになってきます。

土地の面積は・・・450坪
路線価は・・・50万円/坪
賃貸の場合の戸数は・・・10戸

土地の用途ごとの毎年の固定資産税・都市計画税

007_01-1 用途別固定資産税の比較

 

※本結果はあくまで参考情報です。個別・具体的な税務相談は必ず税理士の先生にご相談下さい。
Copyright (C) HyAS & Co. Inc.

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 建物解体に助成金?
  2. 40年ぶり…。
  3. 成年後見制度に新たな動き
  4. 贈与非課税の特例が延長
  5. 別の対策として…。

関連記事

  1. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」

    どんなケース?相続対策として、生命保険はその活用次第で大きな効果が…

  2. 相続税の知識

    相続VS贈与

    どんなケース?平成27年1月1日より相続税が増税になりました。…

  3. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。

    相続制度が大きくかわるかもしれません。国会に提出された民法の改…

  4. MIRAIの・・・。

    政府が相続税対策強化で調整・・・

    一段と寒くなってまいりました。街もイルミネーションやクリスマスツリーが…

  5. 相続税の知識

    賃貸経営、建築費はいくらまでに抑える?

    どんなケース?賃貸住宅経営をはじめるにあたっては目標を設定しましょ…

  6. 相続税の知識

    暦年課税VS相続時精算課税

    どんなケース?親が生前にその財産を子へ移す場合、その金額によっては…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    空家管理
  2. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」
  3. MIRAIの・・・。

    事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
  4. MIRAIの・・・。

    空き家問題
  5. 相続税の知識

    建物解体に助成金?
PAGE TOP