相続税の知識

建物所有者は誰にするか?

どんなケース?

遊休地にアパートを建てる場合、その建物名義が誰になるかで相続税および所得税に対する効果に大きな違いが出てきます。
例えば、土地所有者をAさん個人とした場合、そこに建つアパート建物の名義が下記のように異なってくると、その効果にはどのような違いが出てくるでしょうか?
(ちなみに法人はAさん家族だけのものとします)

017_01 建物所有者は誰にするか?

建物名義ごとの、Aさんの相続財産内訳

017_01 建物所有者は誰にするか?

相続財産評価減効果

017_01 建物所有者は誰にするか?

017_01 建物所有者は誰にするか?

 

※本結果はあくまで参考情報です。個別・具体的な税務相談は必ず税理士の先生にご相談下さい。
Copyright (C) HyAS & Co. Inc.

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 成年後見制度に新たな動き
  2. 空家管理
  3. 大雨…。
  4. 別の対策として…。
  5. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!

関連記事

  1. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度

    寒さもまし、何かと気忙しい年末です。さて、来る平成30年1月1…

  2. 相続税の知識

    建物解体に助成金?

    秋も深まり朝晩はひんやり感じる事も多くなってまいりました。皆様、いかが…

  3. MIRAIの・・・。

    相続税、払い過ぎてる事も…。

    久しぶりの更新になってしまいました……。不動産屋さんの中でも、…

  4. 相続税の知識

    生前贈与効果(現金編)

    生前に子への計画的贈与をおこなうことで、全体の相続税を減らすことも可能…

  5. 相続税の知識

    保有する住宅、今売るVSしばらく貸す

    どんなケース?新しい住宅を買ったり、転勤のために引っ越すことになっ…

  6. 相続税の知識

    生前贈与効果(アパート編)

    生前にアパート建物を子に贈与すると、所得分散と相続財産の評価減が可能に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    別の対策として…。
  2. MIRAIの・・・。

    利回りより大切な数字…。
  3. 贈与税の知識

    贈与非課税の特例が延長
  4. 相続税の知識

    暦年課税VS相続時精算課税
  5. MIRAIの・・・。

    事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
PAGE TOP