相続税の知識

賃貸経営、建築費はいくらまでに抑える?

どんなケース?

賃貸住宅経営をはじめるにあたっては目標を設定しましょう。
ここでは「毎月の手取り金額」を目標にします。
目標とする金額を毎月受け取るためには、どれくらいの賃貸住宅を建設し、建設工事費をいくら位にすればいいでしょうか?

目標とする毎月の手取り収入額は・・・20万円
【計画物件の概要】総戸数は・・・10戸
【計画物件の概要】1戸あたりの月額家賃は・・・7万円
【建設にあたっての資金調達】自己資金は・・・300万円
【建設にあたっての資金調達】借入金利は・・・1.6%
【建設にあたっての資金調達】返済期間は・・・25年
【賃貸経営の設定条件】空室率の設定は・・・7.00%
【賃貸経営の設定条件】毎年の諸経費は・・・15%
【賃貸経営の設定条件】新築時の取得費用は・・・7.00%

「目標とする毎月の手取り収入を達成するには

建築工事費は8,272万円以下で!
一世帯あたりの工事費に換算すると827万円以下で!

 

※本結果はあくまで参考情報です。個別・具体的な税務相談は必ず税理士の先生にご相談下さい。
Copyright (C) HyAS & Co. Inc.

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 成年後見制度に新たな動き
  2. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
  3. 税務署職員が注意深く調べるのは…。
  4. 大雨…。
  5. 40年ぶり…。

関連記事

  1. 相続税の知識

    相続税評価額の減額効果(収益物件購入)

    生前にアパートなどの収益物件を購入すると、相続財産の評価額を減らすこと…

  2. 相続税の知識

    相続発生後いつ土地を売ればよいか

    どんなケース?相続税を払って相続した土地を、相続の日から3年10ヶ…

  3. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」

    どんなケース?相続対策として、生命保険はその活用次第で大きな効果が…

  4. MIRAIの・・・。

    政府が相続税対策強化で調整・・・

    一段と寒くなってまいりました。街もイルミネーションやクリスマスツリーが…

  5. 相続税の知識

    年金積立と収益不動産購入比較

    どんなケース?将来的な年金不安が進む中、私的年金作りとして1棟売り…

  6. 相続税の知識

    建物所有者は誰にするか?

    どんなケース?遊休地にアパートを建てる場合、その建物名義が誰になる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    生前贈与効果(生命保険編)
  2. 相続税の知識

    生前贈与効果(現金編)
  3. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」
  4. 相続税の知識

    建物所有者は誰にするか?
  5. 相続税の知識

    相続VS贈与
PAGE TOP