相続税の知識

相続発生後いつ土地を売ればよいか

どんなケース?

相続税を払って相続した土地を、相続の日から3年10ヶ月以内に売ると売却益に対する税金がタダまたは安くなるという特例があります。
では、相続した土地を3年10ヶ月以内に売る場合と、それ以後に売る場合とでは手取り額はどれくらい違ってくるでしょうか?

その土地を相続したときに支払った相続税額は・・・10,000万円
相続した総資産のうち、売却予定の土地の割合は・・・30%
売却予定の土地の売却価格は・・・10,000万円
売却予定の土地を過去に取得した時の価格・・・500万円

013_01 相続発生後いつ土地を売ればよいか

 

※本結果はあくまで参考情報です。個別・具体的な税務相談は必ず税理士の先生にご相談下さい。
Copyright (C) HyAS & Co. Inc.

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 成年後見制度に新たな動き
  2. 建物解体に助成金?
  3. 別の対策として…。
  4. 空家管理
  5. 大雨…。

関連記事

  1. 相続税の知識

    生前贈与効果(現金編)

    生前に子への計画的贈与をおこなうことで、全体の相続税を減らすことも可能…

  2. 相続税の知識

    相続税評価額の減額効果(収益物件購入)

    生前にアパートなどの収益物件を購入すると、相続財産の評価額を減らすこと…

  3. 相続税の知識

    税務署職員が注意深く調べるのは…。

    相続税の申告書は、被相続人(故人)の死亡翌日から10ヶ月以内に税務署に…

  4. 相続税の知識

    用途別固定資産税の比較

    どんなケース?土地の固定資産税や都市計画税は、その土地が何に使われ…

  5. 相続税の知識

    建物所有者は誰にするか?

    どんなケース?遊休地にアパートを建てる場合、その建物名義が誰になる…

  6. 相続税の知識

    相続した土地、どれを売るのがベストか

    どんなケース?相続税を払って相続した土地を、相続の日から3年10ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    相続VS贈与
  2. 相続税の知識

    建物所有者は誰にするか?
  3. 相続税の知識

    相続税評価額の減額効果(収益物件購入)
  4. MIRAIの・・・。

    別の対策として…。
  5. 相続税の知識

    用途別固定資産税の比較
PAGE TOP