過去の記事一覧

  1. 相続税の知識

    賃貸経営、建築費はいくらまでに抑える?

    どんなケース?賃貸住宅経営をはじめるにあたっては目標を設定しましょう。ここでは「毎月の手取り金額」を目標にします。目標とする金額を毎月受け取るために…

  2. 相続税の知識

    分割による減額(正面のみ)

    進入路付の分割にすることで相続財産の評価額を減らすことができます青空駐車場(普通住宅地区)のケース対策前と対策後の相続税評価額&…

  3. 相続税の知識

    分割による減額(角地)

    分割方法を工夫することで相続財産の評価額を減らすことができます青空駐車場(普通住宅地区)のケース対策前と対策後の相続税評価額&n…

  4. 相続税の知識

    用途別固定資産税の比較

    どんなケース?土地の固定資産税や都市計画税は、その土地が何に使われるかによって大きく変わってきます。例えば、駐車場と賃貸住宅では最大で六倍もの開きになり…

  5. 相続税の知識

    生前贈与効果(生命保険編)

    子への生前贈与と、親を被保険者とする生命保険の組み合わせで納税資金&節税対策も対策前と対策後の相続税額納税資金の余裕度&nb…

  6. 相続税の知識

    生前贈与効果(現金編)

    生前に子への計画的贈与をおこなうことで、全体の相続税を減らすことも可能になります。対策前と対策後の相続税額…

  7. 相続税の知識

    生前贈与効果(アパート編)

    生前にアパート建物を子に贈与すると、所得分散と相続財産の評価減が可能になります対策前と対策後の相続税評価額対策前と対策後の相…

  8. 相続税の知識

    暦年課税VS相続時精算課税

    どんなケース?親が生前にその財産を子へ移す場合、その金額によっては贈与税がかかってきます。贈与税には、毎年110万円までなら税金がかからない「暦年課税」…

  9. 相続税の知識

    相続VS贈与

    どんなケース?平成27年1月1日より相続税が増税になりました。反対に、世代間の財産の早期移転を図るため、子や孫へ贈与については贈与税の大幅な軽減が図られ…

  10. 相続税の知識

    二次相続まで見据えた最適分配比率は?

    どんなケース?資産家の父が亡くなり、財産を引き継いだ母も数年後に他界しました。最初の相続では最も税金が安くなるように母にその多くを相続させたのですが、そ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    暦年課税VS相続時精算課税
  2. 相続税の知識

    賃貸経営、建築費はいくらまでに抑える?
  3. MIRAIの・・・。

    別の対策として…。
  4. 相続税の知識

    相続した土地、どれを売るのがベストか
  5. 相続税の知識

    生前贈与効果(現金編)
PAGE TOP