相続税の知識

暦年課税VS相続時精算課税

どんなケース?

親が生前にその財産を子へ移す場合、その金額によっては贈与税がかかってきます。
贈与税には、毎年110万円までなら税金がかからない「暦年課税」と、生前贈与の累計額が2500万円までなら税金がかからないかわりに相続時にその生前贈与額を親の相続財産に再び加算して相続税を計算する「相続時精算課税」の二通りがあります。
どちらが有利かは、全体の財産額や法定相続人の数、その財産を何年間に渡って贈与するか等によって変わってきます
あなたの場合はどちらが有利か?・・・ 徹底して検証してみましょう。

相続財産の総額は?・・・30000万円
法定相続人は・・・配偶者あり、子供2人
子への生前贈与額は・・・2000万円(※特定の1人に対する贈与額)
暦年課税の場合の贈与は何年間で・・・10年間
相続時点における子への相続額は・・・2500万円(※贈与を受ける特定の1人に対す配分額)
相続時点における配偶者への相続額は・・・15000万円

「制度別」相続税額比較

057_01 暦年課税VS相続時精算課税

「制度別」相続税額比較

057_01 暦年課税VS相続時精算課税

 

※本結果はあくまで参考情報です。個別・具体的な税務相談は必ず税理士の先生にご相談下さい。
Copyright (C) HyAS & Co. Inc.

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 税務署職員が注意深く調べるのは…。
  2. 相続した不動産の売却相談
  3. 建物解体に助成金?
  4. 別の対策として…。
  5. 大雨…。

関連記事

  1. MIRAIの・・・。

    成年後見制度

    ここ2週に渡って台風が連続で襲来しております。被害を最小限に抑えるべく…

  2. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。③

    前回の残り3項目についてお話ししたいと思います。③ 相続の不公…

  3. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。②

    前回の詳細を2項目について今回お話したいと思います。①不動産登…

  4. 相続税の知識

    建物解体に助成金?

    秋も深まり朝晩はひんやり感じる事も多くなってまいりました。皆様、いかが…

  5. 相続税の知識

    税務署職員が注意深く調べるのは…。

    相続税の申告書は、被相続人(故人)の死亡翌日から10ヶ月以内に税務署に…

  6. 相続税の知識

    分割による減額(角地)

    分割方法を工夫することで相続財産の評価額を減らすことができます青空…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    相続した不動産の売却相談
  2. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。
  3. 相続税の知識

    建物解体に助成金?
  4. MIRAIの・・・。

    お盆の休暇
  5. MIRAIの・・・。

    利回りより大切な数字…。
PAGE TOP