MIRAIの・・・。

相続税、払い過ぎてる事も…。

久しぶりの更新になってしまいました……。

不動産屋さんの中でも、得意とする分野が分かれているのは皆様はご存じでしょうか?          賃貸の仲介が得意な会社や、賃貸の管理が得意な会社、売買の仲介、開発、買取再販、競売入札など様々な分野がございます。

税理士さんも同じような事が言えます。メインは企業の顧問や確定申告をされている税理士の先生が多いのではないでしょうか? 会社の顧問だと簿記や会計の知識がメインなってきますが、相続の案件になると財産をどう評価するか、遺産分割で、誰にどのくらい相続させるのかによって全く異なる知識や特別なスキルが必要になってきます。

最初の申告書をもってセカンドオンピオンをしてみると、払い過ぎた相続税の還付を受けれる事もあるそうです。

ただし、税務調査が入っていない場合は、還付請求による税務調査を誘発してしまう可能性があり追徴課税をされる失敗例もあるとの事ですので注意が必要です。

お問い合わせ頂ければ、税理士の先生もご紹介させて頂きます。

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 相続した不動産の売却相談
  2. 事務所移転・・・賃貸オーナー様必見!!
  3. 別の対策として…。
  4. 大雨…。
  5. 空家管理

関連記事

  1. 相続税の知識

    生前贈与効果(アパート編)

    生前にアパート建物を子に贈与すると、所得分散と相続財産の評価減が可能に…

  2. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。③

    前回の残り3項目についてお話ししたいと思います。③ 相続の不公…

  3. 相続税の知識

    生前贈与効果(生命保険編)

    子への生前贈与と、親を被保険者とする生命保険の組み合わせで納税資金&節…

  4. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」

    どんなケース?相続対策として、生命保険はその活用次第で大きな効果が…

  5. 相続税の知識

    建物所有者は誰にするか?

    どんなケース?遊休地にアパートを建てる場合、その建物名義が誰になる…

  6. 相続税の知識

    建物解体に助成金?

    秋も深まり朝晩はひんやり感じる事も多くなってまいりました。皆様、いかが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. MIRAIの・・・。

    成年後見制度に新たな動き
  2. 相続税の知識

    分割による減額(正面のみ)
  3. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」
  4. MIRAIの・・・。

    現場だから聞こえる声
  5. MIRAIの・・・。

    広大地評価に新制度
PAGE TOP