MIRAIの・・・。

相続税、払い過ぎてる事も…。

久しぶりの更新になってしまいました……。

不動産屋さんの中でも、得意とする分野が分かれているのは皆様はご存じでしょうか?          賃貸の仲介が得意な会社や、賃貸の管理が得意な会社、売買の仲介、開発、買取再販、競売入札など様々な分野がございます。

税理士さんも同じような事が言えます。メインは企業の顧問や確定申告をされている税理士の先生が多いのではないでしょうか? 会社の顧問だと簿記や会計の知識がメインなってきますが、相続の案件になると財産をどう評価するか、遺産分割で、誰にどのくらい相続させるのかによって全く異なる知識や特別なスキルが必要になってきます。

最初の申告書をもってセカンドオンピオンをしてみると、払い過ぎた相続税の還付を受けれる事もあるそうです。

ただし、税務調査が入っていない場合は、還付請求による税務調査を誘発してしまう可能性があり追徴課税をされる失敗例もあるとの事ですので注意が必要です。

お問い合わせ頂ければ、税理士の先生もご紹介させて頂きます。

無料シミュレーション

ピックアップ記事

  1. 成年後見制度に新たな動き
  2. 贈与非課税の特例が延長
  3. 建物解体に助成金?
  4. 40年ぶり…。
  5. 別の対策として…。

関連記事

  1. MIRAIの・・・。

    40年ぶり…。③

    前回の残り3項目についてお話ししたいと思います。③ 相続の不公…

  2. MIRAIの・・・。

    成年後見制度に新たな動き

    久しぶりの更新となってしまいました・・・。以前に成年後見制度に…

  3. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」

    どんなケース?相続対策として、生命保険はその活用次第で大きな効果が…

  4. MIRAIの・・・。

    相続財産と固有財産

    相続が発生した時点で、相続財産は遺言がなければ法定相続人の共有財産とな…

  5. 相続税の知識

    土地の資産価値は何年でなくなるか?

    どんなケース?土地は持っているだけでは全くお金を生みません。そ…

  6. 相続税の知識

    二次相続まで見据えた最適分配比率は?

    どんなケース?資産家の父が亡くなり、財産を引き継いだ母も数年後に他…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

  1. 相続税の知識

    相続VS贈与
  2. 相続税の知識

    用途別固定資産税の比較
  3. 相続税の知識

    相続発生後いつ土地を売ればよいか
  4. 相続税の知識

    生前贈与を利用した「二次相続対策」
  5. 相続税の知識

    暦年課税VS相続時精算課税
PAGE TOP